ままはいつもありのまま

2歳女児子育て中の育児記録です。少しでもあなたの手助けになる情報をお届けしたい一心でサイトを運営しています。

生後1日目の赤ちゃんと過ごした1日(入院2日目・授乳頻度・睡眠時間)

time 2016/05/31


sponsored link

1日のアクション

赤ちゃん

生後1日目の午前9時ごろ、赤ちゃんとの同室がいよいよスタートしました!

出産当日は赤ちゃんも検査があるため、病室で一人寝ていたのですが、次の日からはいよいよ赤ちゃんと一緒です!

1日目はこんな感じでした。

時間 おしっこ うんち 授乳
9
10
11
12
13
14
15
16
17 ♥(糖水)
18
19 ♥(ミルク)
20
21 ♥(糖水)
22
23 ♥(ミルク、糖水)

 

まとめると、こうなります。

  • 授乳(ミルク、糖水含む)
  • 8回

  • オムツ交換
  • 4回

 

紙おむつを交換するタイミングも、まだまだ不慣れでほとんど交換してませんね・・・笑
 

授乳頻度

生後1日目の授乳量の目安は「10cc x 8回授乳 = 80cc」と助産師さんに教わりました。

ですが、赤ちゃんが吸い終わった後もどれくらい出ているのかもわからないし、いちいち病院の授乳室へ行って、授乳前後の体重を確認するのも面倒でした。

なので、私は赤ちゃんが泣くたびにおっぱいを吸わせていました。

なので、私自身はほとんどメルことができませんでした。

訳も分からず、夜中も朝方も一人あたふたしていた感じです。

授乳室へ行けば、常時助産師さんが待機しているので、上手なお母さんはそこで悩みをいろいろ聞いていましたが、私はそんな心の余裕も勇気もなくひたすらがむしゃらに吸わせていました。

今思えば、素直に助けを求めればよかったと後悔しています・・・
 

糖水はなんであげるの?

先の表を見て、「糖水って何?」と思ったかもしれません。

糖水は母乳が出ていない時の赤ちゃんの水分補給アイテムです。

私は、1回に10ccほどあげていました。

私が入院した病院では、授乳室へ行って助産師さんに頼めば、頼んだ分だけ作ってくれて渡してくれるシステムになっていました。

私は、赤ちゃんが病室へ来た時に看護師さんに「母乳が出ていないようだったら、水分補給に糖水をあげてね」と言われたので、自分が水分補給するような感覚であげていました。
 

私の場合、出産後3日目まではほとんど母乳が出ていなかったので、栄養補給にミルクを、そして水分補給に糖水をあげていました。

もし不安なことがあるようでしたら、ぜひ助産師さんや看護師さんに相談してみることをお勧めします。
 

ウンチが出なくて、お腹マッサージ!

赤ちゃんは、産後「胎便」という、真っ黒でねとっとしたウンチをするのですが、娘はなかなかウンチをしてくれず、看護師さんが浣腸をしてくれました。

浣腸をするのに6000円も費用がかかりました・・・笑

その後、定期的にお腹を優しく時計回りにくるくる撫でてあげました。

しかし、生後4日目くらいまではウンチの出が悪く、とても不安な日々を過ごしました。

でも、退院日にはたっぷりするようになったので一安心でした!笑
 

[nlink url=”http://mama-news.top/sukusuku-2day/”]  

この時期の注目アイテム

天使の寝床

その名を「天使の寝床」といいます。

赤ちゃんの骨盤の丸みを守る作りになっていて、医療用の赤ちゃんの寝床も生産している企業が販売しています。

中を開くとこんな感じになっています。
天使の寝床

 

中の寝床部分は取り出せます。
天使の寝床

カラーはピンクとミントグリーンの2色から選べますよ♥
 

こんな方におすすめ!

むきぐせのある赤ちゃんや寝つきの悪い赤ちゃんにおすすめです。

むきぐせがあると、頭の形が変形してしまう原因になります。
また、この時期の背骨の形成はその後の発達に大きな影響を与えるようです。

気になる方は是非チェックしてみてください。

 

商品の最大の特徴

必要なものがセットになって販売されていることです。
また、医療用にも使用されているメーカーが生産&販売しているものなので安心安全です。
 

使用上の注意

特に危険なことはありませんが、心配な方はこちらに寝かせ方が詳しく書かれているので確認してみてくださいね♥

 

私の実体験

生まれてすぐの頃は、赤ちゃんの布団の硬さや体制を気にしている余裕はありませんでした。

なので、こういったものを最初から知っていれば良かったと後になって後悔しました。

退院後帰宅してからは、柔らかめの毛布やブランケットを駆使して赤ちゃんがまんまるく眠れるようにベッドメイキングしていました。

しかし、後になって柔らかすぎる寝床はかえって、赤ちゃんには良くないということを知ったんです。
ちゃんと赤ちゃんの背骨を支えてあげらるだけの、ある程度の硬さが必要なのです。

背骨や頭の形成はこの時期とっても大切です。
後の発達にも大きく影響してくるとも言われています。

気になるお母さんは是非、詳細ページでチェックしてみてください。
 

商品のご購入はこちらからどうぞ(公式ホームページ)
 
 

(END)

sponsored link

down

コメントする


えほんの記録

マタニティの記録

#プロフィール

こぐま

こぐま

娘ちゃんの写真を撮るのが大好きな親バカ1児の母、こぐま30歳です。2歳になったばかりの娘ちゃんと毎日いろんなことを乗り越えながら育児奮闘中です。 北海道札幌市在住で、生まれも育ちも北海道の生粋の道産子です。 詳細はこちら >>