ままはいつもありのまま

2歳女児子育て中の育児記録です。少しでもあなたの手助けになる情報をお届けしたい一心でサイトを運営しています。

お坊さんが悩みに答えるサイト「hasunoha」フジテレビ「バイキング」で紹介

time 2016/05/13


面白いサイトが、バイキングで紹介されていました。

お悩みQ&Aサイト「hasunoha」です。
▼▼▼

パソコンを操作する女性

ぜひみなさんにも利用していただきたいのでご紹介させていただきます。

お坊さんが、あなたのどんな悩みにも無料で答えてくれます。

匿名で質問ができるので、あなたも、ぜひ、気持ちのモヤモヤをぶつけてみてください。
 

sponsored link

Q. ダメな母親。

17、15、13才の子供がいます。主人が亡くなって10年が経ちます。

今…。子供達とはケンカもするけれど、会話や笑い声もある…。そんな家族なのですが…。
私は子供達に嫌われていると思います。

付き合っている方がいて、お酒がやめられなくて、タバコもやめられなくて…。

仕事を頑張っていても、掃除や食事の用意を頑張ってしていても、そんなことは当たり前のコトで。

どうすればいいのか、答えはわかっているのですが、変われない自分が大嫌いです。

 
 

A. わかっちゃいるけどやめられないのが人生です。

私は子どものために、タバコを止めて、お酒はもとのまないけど、間接喫煙させないためにね。ホタル族といって、ベランダで吸ってたんですが、冬は寒いし、夏は蚊に刺されるしでね。虚しくなりました。パチンコ大好きだったんですが、教育費のために止めましたよ。
いまこどもたは働いてますが、タバコは吸うし、お酒は飲むし、パチンコはするしね。しぶしぶ永代供養ということで坊さんの資格はとりましたが、お寺の他に整骨院をやってますが、医師か柔道整復師の資格を取って跡を継いで欲しいという期待は儚くも叶いませんでした。こどもたちは2人ともサラリーマン、SEをやってますよ。
子どものためにとかね、カッコイイことをいっていましたが、子供には子供の人生があります。健康リスクを解きながら、ストレスという口実で止められなかったわけです。こどものためという大義名分を立てて止めましたが、いまは煙いからリビングで吸うなとこどもたちに文句を言っています。これを踏んだり蹴ったりというんでしょうね(笑)怒ったり虚しいなんて、微塵も思いませんよ。大きくなっただけで、感謝です。子どもは子どもです。彼らの人生があるんですよ。
食べさす、学校に行かす、お小遣いをあげる、相談に乗る、必要のある限度で指導するという当たり前のことさえ、出来たら、あとはあなたの自由ですよ。タバコ吸おうが、お酒を飲もうが、独身ですから彼氏がいても全く問題ありません。嫌われる?いいじゃないですか。子供に好かれる、愛される親、いらっしゃるでしゅうが、稀ですよ。よほど親子共々にできていないとね。毎日の口論や喧嘩、それが家族の日常なのではないでしょうか?
そんな人生劇場を楽しんでくださいよ。いいお母さんでいる必要なんてないんです。私がお母さんだ!文句あるかぐらいの勢いでいきてください。
あなたは、はたからみたら女手一つで立派ですよ。偉い!頑張ってます。タバコ吸おうが、酒飲もうが、いいんですよ。いまのままのあなたが素晴らしい。
ご家族の皆様のお幸せを心から祈っていますよ。

Q. ママ友との付き合いについて

長くなりますが、よろしくお願いします。

妊娠~出産後にかけて、市などで開かれる子育て教室によく参加していました。
そこで、各教室ごとにママ友のグループができ、LINEで相談しあったり月1食事に行くような関係になりました。
(4グループほどです)

その中の1つのグループでのことです。
グループ内の一人はもう1つのグループでも一緒の方がいます。仮にAさんとします。

そのグループは、私を含め5人ですが、過去私の都合が悪く2回食事を断ったことがありました。
その間、他のグループとの食事には参加してました。Aさんのいるもう1つのグループにも。

それほど気にはしてなかったですが、2回参加していなかったことでLINEをしていても何となく壁のようなものを感じました。

先日もそのグループで久しぶりにランチでも~との話になりました。

私は、都合が悪かったので次回にと話し、もう一人の方も行けないと話され「都合のよい残りの方で行っちゃって下さい~」となりました。私も「そうですね、せっかくですから」
と伝えると、
一番年上のママさんが「○さん(もう一人の方)に会えないのは寂しいゎ~また行こうね!」
と、打ってきました。

「あたしも行かないんだけどなぁ…」
「それだけ仲いいのか」
と、思いましたが、傷つきました。

昔から友人関係では悩みが多かったこともあり、気持ちがモヤモヤ。
割りきればいい話なんですが、LINEをしていても会っても楽しめない思いです。

距離を置きたいのですがどうすればよいですか?

冒頭で話したAさんもいるもう一つのグループは楽しいのですが、上記のグループと距離を置くと、こっちのグループでの付き合いできまづくなるのではと考えてしまいます。

もっと強くなりたい…
これから幼稚園や保育園に行けば、ママ達との付き合いはたくさんあるでしょう。

付き合っていく上での心構えや気の持ち方などアドバイス頂ければとおもいます。

長々とありがとうございました。

 
 

A. 無理せず、できることをしていたらいい

まきのさん

それは「LINEあるある」じゃないですか(^^)
壁なんてないですよきっと。
参加できなかったことに後ろめたさを感じていたり、壁をつくっていたりするのはあなた自身の心です。
子育て中のお母さんなら、お子さんが体調を崩しやすい年頃で、なかなか予定通り動けないことも多いはず。立場が同じお母様達なら、お互いにそんなことは分かっています。
回数多く会っていれば、その分相手のことをよく知ることにもなる。、仲良くなるのも当然です。それはそれで人のこと。僻んだり妬んだりする必要もないです。

あなたは、その会に行ける時に顔を出していたらそのうち仲よくなるでしょうし。性格的に合わなければ仲良くなる必要もないから、自然と距離があいてくるでしょう。

あんまり深く考えなくていいです(^ ^)
友達はご自分の性格や生活に合わせて自然とできてくるものです。作るものではないし、無理をするものでもないでしょう。
安心してあなたはあなたのペースで生活をしていったらいいのですよ。

他にも沢山質問が掲載されています。

1つの質問に、沢山のお坊さんが答えてくれる場合もあります。

主婦業に専念しているお母さん、働いているお母さん。

やっぱり評価のされ方が、旦那さんとは違うと思うんです。

そこで生まれる旦那さんとの意識のギャップが、もしかしたらここで解決できるかもしれません。
 

[nlink url=”http://mama-news.top/book-02/”]  

(END)

sponsored link

down

コメントする


えほんの記録

マタニティの記録

#プロフィール

こぐま

こぐま

娘ちゃんの写真を撮るのが大好きな親バカ1児の母、こぐま30歳です。2歳になったばかりの娘ちゃんと毎日いろんなことを乗り越えながら育児奮闘中です。 北海道札幌市在住で、生まれも育ちも北海道の生粋の道産子です。 詳細はこちら >>