スポンサーリンク

【実体験】母乳が出なくなった時にすること

2016年5月8日育児の記録

私が実践して効果があった対処法は、

  • とにかく赤ちゃんに吸ってもらう
  • スポーツドリンクで十分な水分補給をする
  • あったかい麦茶を飲む
  • とにかく赤ちゃんと一緒に眠る
  • 主食は「お米」にする
 

この5つです。

私は産後3日目から母乳の出が良くなりました。
それまでは、チョロチョロしか出ずとても焦りました。

でも、夜中30分〜1時間おきくらいにとにかく吸ってもらしました。

そうしたら出るようになったんです!
(日中帯はなぜか赤ちゃんは眠ります・・・笑)

そして、

おっぱいのほとんどは水分です。

なので、十分な水分補給をして、体を温めて血行をよくすると効果がありました。

熱めのシャワーを胸にかけ流す

これも効果がありました。

そして、おっぱいは特に、寝てる間につくられます。

なるべく赤ちゃんと一緒に眠ってください。

また、日本人は「お米」と相性が良いというお話があります。

パン食、麺食をご飯にかえて様子を見てみてください。
 

どうして母乳が出なくなるの?

本当におっぱいが出ないお母さんは、ごく少数で全体の2割程度と言われています。

なので、絶対にあなたも出るはずなんです!

おっぱいは繊細なので、ちょっとしたストレスで出なくなってしまたりします。

初めて尽くしでうまくことが進まなかったり、頻繁な授乳で寝不足になったり、協力が足りない夫にイライラしたり・・・

この時期にお母さんが抱えるストレスは、ほんとに沢山ありますよね。

もし、身内がお手伝いに来てくれることで、余計なストレスがかかっているようであれば、

きっぱり断って、食卓便や清掃サービスを利用するなど、赤ちゃんと2人きりでゆっくり過ごせる環境を整えるのもありですよ。

実際私も食卓便でご飯を済ませて自宅療養しました。

上手にストレスを発散して、ゆったり過ごしてください。
この時期の眼精疲労は良くないそうなので、あまりスマホやテレビを長時間見るのは控えた方がいいです。
 

おすすめのストレス発散方法

私は、とにかく我が子のかわいいショットを撮りまくる!

これでストレスを発散していました。

体制を変えてみたり、新生児用のベビードレスを着せてみたり。

思いっきり赤ちゃんとの生活を楽しむことだけに注力しました。

もう一つは、甘いものを我慢せずに食べる!

よく、「乳腺がつまる原因になるから和菓子はNG!」と言われますが、適度な量なら全然大丈夫でした。
私は主に和菓子を食べていました。

一説では、和菓子には、おっぱいの出をよくする効果もあるようです。

そして、リラクゼーション音楽を聴く
これは効果絶大でした。

おすすめの音楽は、今度別な記事でじっくりご紹介しますね。

最後に、この時期の無理は禁物です。

家事はちょっとサボるくらいがちょうどいいです。

どうか無理はしないでくださいね♥
 

[nlink url=”http://mama-news.top/nipuru/”]  

(END)


#
にほんブログ村のブログランキングに参加しています。
下のボタンをポチッとしてもらえると1票投票されたことになります。
この記事にいいね!する
下矢印下矢印下矢印
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
応援していただけるととってもモチベーション上がりますお願い

スポンサーリンク