スポンサーリンク

絵本「ぐるんぱのようちえん」の魅力

えほんの記録

1頭のぞうさんがいろいろな経験を活かして幼稚園を開くというお話です。

2歳の娘ちゃんと一緒に3日に1度くらいのペースで読んでます。

#

1966年にるつくられたえほん。

とっても歴史がありますね。

どれだけたくさんの人たちがこのストーリーを知っているのだろうと、ちょっと感動しますね。
 

このえほんでは、だれにでも、必要とされるぴったりな場所があるんだと教えてくれます。

そしてその居場所は自分で見つけるんだという厳しさも教えてくれます。

どんなに靴が上手に作れても、クッキーが上手に作れても、それがみんなに必要とされないという現実。
 

私が会社で書類をつくれどつくれど駄目出しが入り、できたと思ったらもう2度と誰の目にもふれることがないというむなしさを感じていたことを思い出し、初めて読んだ時はちょっとうるっとしてしまいました。笑

えほんって、ストーリーがまっすぐ一直線ですよね。

きっとおとなならだれでもにたような境遇にあったいるような。
 

娘もこの本のような経験をこれからしていくんだと思うとちょっと切なくなってしまいました。

でも、とっても色使いが鮮やかでポップに描かれていて、とっても前向きさを感じられます。

 

インターネットでも購入できます。

* 楽天ブックス

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ぐるんぱのようちえん (こどものとも絵本) [ 西内ミナミ ]
価格:972円(税込、送料無料) (2017/7/10時点)

 

* Amazon


#
にほんブログ村のブログランキングに参加しています。
下のボタンをポチッとしてもらえると1票投票されたことになります。
この記事にいいね!する
下矢印下矢印下矢印
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
応援していただけるととってもモチベーション上がりますお願い

スポンサーリンク