スポンサーリンク

えほん「おへそのあな」の魅力

えほんの記録

文章量が2歳の娘ちゃんにちょどいい1冊です。

#

おかあさんのお腹の中にいる赤ちゃん目線でストーリーが展開していきます。

お母さんのおへそのあなを通していろいろなものを見たり聞いたりしている様子が描かれています。

お兄ちゃんがあかちゃんにロボットを作って産まれてくるのを待っていたり、お姉ちゃんがお花を育てて咲いたお花を赤ちゃんに見せたいと言っていたり、とってもほっこりするお話です。

さいごは「あした うまれて いくからね。」で終わるのですが、ちょっとジーンとしてしまいます。

娘ちゃんはまだ一人っ子ですが、いつの日か弟妹を産んであげたいと願わずにはいられない気持ちになります。
 

イラストも、とても温かい水彩画で描かれていてとっても可愛らしいです。

おじいちゃんやおばあちゃん、おとうさんにおかあさん、おねえちゃんにおとうとがそれぞれ違った想いを赤ちゃんに馳せながら、みんな誕生を待ちわびている様子が描かれています。

とってもステキなお話です。
 

私は店頭で購入しましたが、インターネットからも購入できます。

* 楽天ブックス

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

おへそのあな [ 長谷川義史 ]
価格:1404円(税込、送料無料) (2017/7/10時点)

 

* Amazon


#
にほんブログ村のブログランキングに参加しています。
下のボタンをポチッとしてもらえると1票投票されたことになります。
この記事にいいね!する
下矢印下矢印下矢印
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
応援していただけるととってもモチベーション上がりますお願い

スポンサーリンク