イヤイヤ期が来ない子もいれば、猛烈にイヤイヤ攻撃をする子もいると聞きました。
(本当…? 汗)

イヤイヤするかしないかは、「生まれ持った本人の性格 + 親の言動」に大きく左右されます。

イヤイヤ期っていつから?

時期は個人差が大きく、十人十色のようです。

個人差はありますが、1歳半すぎからイヤイヤが始まり、2~4歳まで続くことが多いようです。イヤイヤばかりするピークが2歳頃なので、「魔の2歳児」とも言われます。
(引用 from 「マーミー」)

私の娘は1歳3ヶ月をもうすぐ迎えますが、もうイヤイヤ期の片鱗が見えているような・・・汗

私の娘がイヤイヤし始めてのはいつから?

1歳を過ぎたころです。

知恵がついてきて、どうすれば私がどう動くのか、ものの動かし方も勘が効くようになり、これに合わせて自力での行動範囲もかなり広がるため、「それしちゃダメ」「そこに行っちゃダメ」と、私からのだめだめ攻撃を浴びるようになってから、一気にイヤイヤする機会が増えました。

親にとっては「いたずら」でも子供にとっては「挑戦」

今までは、なんでも、とにかくできるようになれば「すごいね!できたね!」って褒めてもらえていたのに、急に私が「何してるのっ!だめだよ!」って怒りだすんです。

子供にしたら、わけわかんないですよね・・・。

色々なことができるようになっても、してはいけないことといいことの境界線が曖昧で、かつ、してはいけないことも、なぜそれをしてはいけないのかが理解できていないので、何度も同じイタズラを繰り返すんです・・・苦

なので、辛抱強くしてはいけない理由を教えてあげなくてはとおもいつつ・・・
イライラが先行してしまい、なかなかこれが難しい。

「ダメでしょ!」じゃなくて、「失敗しちゃったね」が言えるように努力する毎日です。

子供は、「共感してもらうこと」でストレス発散している?!

私も常日頃、いろんなストレスを感じています。
(ママ友のこととか、夫のこととか・・・)

私の場合、おしゃべりやショッピング、ちょっとのお酒とドラマ鑑賞で自分を癒しています。笑
でもふと思ったんです。
赤ちゃんって、どうやってストレス発散してるんだろう?と。

寝たら綺麗サッパリ忘れられるとか?笑

でも、1歳もすぎて自我が大きく成長してくると、そうもいかない気がしたんです・・・

されたこと、嫌だなと思ったこと、覚えてるはずですよね。

まだまだ生きている世界も狭く、自分とお母さんとその他みたいな社会構成で、だとすると、お母さんに褒めてもらわないと、自分を肯定して自信をつけて次に進むことができないのではと気がついたんです。

大人でも、「共感」してもらえるとテンション上がりますよね!

娘も、私から離れたところで何かににぶつかったり、他の人に何かをぶつけられたりすると「今の見てた?痛そうでしょ?」と言わんばかりの顔つきですかさず私の方に振り返って、アピールしてきます。笑

自分の状況をわかってもらって共感してもらうことで、また次に進んで頑張れるんじゃないかと思ったわけです。

そんなわけで、意識して「そうだよね」を言うようにしています。
私も疲れて泣きながら言っている時もありますが・・・

子供扱いするのは危険?!

イヤイヤ期が始まる1歳前後って、いろいろと自分でできるようになります。

でも、周りにいる大人たちがまだ赤ちゃんだと思っているんです。

これって、娘はうんざりしているんじゃないかなと思ったんです。

私だって、社会人5年目で中堅になりつつある時期に、新人扱いされてとても嫌な思いをしたことがあります。

「どうせできないんでしょ?」とやる前から決めつけて、コミュニケーションをとる気もなく一方的に仕事を進めてしまう上司がいました。

これと同じ感情が、娘の中でも生まれている?!と気がつきました。

大人からみると、まだまだ不器用で、危なっかしくって、できていないように見えても、きっとその子の世界では、すっごく上手にできていて、ゆうきりんりん自信満々で「じょうできっっ♥」って思っているのかもしれませんね。

生活リズムがコントロールできるようになるまで辛抱強く待つ!

娘は「外も部屋も暗くて、おっぱいがもらえる時間 = 寝る時間」で、「遊びたい時間 = 起きてる時間」で、いつも「0」か「100」。

私の体力がついていかない・・・

機嫌が悪いのも、お腹が空いているのか、眠いだけなのか、具合が悪いのか、何が理由なのかあたふたしちゃいます。

食事だよ〜と椅子に座らせてみて、嫌がって初めて、あれ?まだお腹すいてないのかな?
なんて、私が振り回されてます。笑

だからこそ、起きる時間、食事の時間、お風呂の時間、寝る時間をきっちり決めて、リズム良く過ごせるように頑張ってます。
1日外出したり、外泊したりするとこのリズムが崩れてしまい、私がキリキリしていると周りに神経質って言われちゃいますが。涙

早く時計を理解してもらえるように、「3時になったら帰るよ」、「3時になったから帰ろうね」の声かけを辛抱強く続けていこうと思います・・・汗

私が取ったイヤイヤの回避策

私は、なるべくして欲しくないことをできないような環境を整えました。

冷蔵庫や棚の開閉防止!

ミニーちゃんの飾りがついた、とっても可愛らしい「キャビネットロック」という商品です♥
自宅近くの「Seria(セリア)」という100円均一で購入しました!
キャビネットロック(ミニー柄)

他にも、「開き戸ロック」、「とびらストッパー」という商品名で、ミッキー柄のものやくまのプーさんのものもありました♥
キャビネットロック(店舗陳列棚)


「Seria(セリア)」は、同じく100円均一の「ダイソー」より、ベビーグッズの品揃えが豊富で、デザインも可愛いものが多いです♥

私が購入したものは、ロックする箇所(写真内の赤丸の部分)を押しながら上に上げると簡単に外れるタイプのものです。
キャビネットロック(ミニー柄)

キャビネットロック(ミニー柄)

とっても使いやすくてかなり重宝しています!

一時的にロックを外していたい時は、こんな感じで外しておけば特に邪魔にもなりません。
キャビネットロック(ミニー柄)

小物類、コード類を触れる位置から排除

キッチンから食器棚を撤去し、全てをシステムキッチン内に収納しました!
いたずら防止キッチン収納

どんな感じで収納しているのかは、また後日別の記事でご紹介しようと思います。

そして、コード類を引っ張らないよう、こちらのマスキングテープで壁に貼り付けました。


私は10cm幅のものを購入しましたが、十分覆うことができました。

私は賃貸に住んでるので、壁にダメージは厳禁なのですが、このテープは何度剥がして付け直しても全然大丈夫でした♥

改良後のお部屋がこちらです。
いたずら防止リビング収納

その後、「ダメだよ!」と言わなければいけない場面が、ぐんと減りました!

さいごに

イヤイヤ期は成長の過程だからしょうがない成長の証!と良く言われますが、実際、毎日それに体当たりで接している私としては、辛くイライラしてしまい、子供にもつらくあたってしまうのです・・・

あまり自分を追い込まず、そういうもんだと思って気長に行こうと思います。

育児には悩みがつきものですよね。近親者には相談しづらい、本音ベースでのお悩み相談が、webから簡単二できる駆け込み寺をご紹介します!

(END)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でこぐまをフォローしよう!

スポンサードリンク