スポンサーリンク

赤ちゃんが39℃台の発熱!飲ませた市販薬とは?(11ヶ月の娘)

2016年6月6日病気の記録, 育児の記録

よりにもよって、ゴールデンウィーク初日に、娘が39℃台の熱を出しました・・・

どうして、祝日に・・・涙
救急病院に連れて行くのも気が引けたので、自宅療養を選びました。

なんとか2日で熱が引き、3日目には鼻水だけが残っている状態まで回復しました!
 

まずやったこととは?

「小児救急でんわ相談」へ電話をかけて、娘の状態を相談しました。

この「小児救急でんわ相談」とは、「#8000」とプッシュすると、病状についてお医者さんに相談することができます。

ここで、「40℃以上の熱が出ていないなら、2日間様子を見て、3日目もまだ熱が下がらないようなら病院へ行く方が良い」と勧められ、私はそうすることにしました。
 

小児救急でんわ相談

小児救急でんわ相談

小児救急でんわ相談
厚生労働省ホームページより

都道府県別に受付時間帯が異なります。
受付時間についてはこちらをご覧になってください。

[bm url=”http://www.mhlw.go.jp/topics/2006/10/tp1010-3.html” ]小児救急電話相談事業(#8000)について[/bm]  
 

 
 

娘に飲ませた市販薬

「カコナール こどもかぜシロップ」 を飲ませました。

1日3回食後に飲ませます。

 

近くのドラッグストアで、薬剤師さんに相談して購入しました。

生後3ヶ月以上のお子さんなら飲んで大丈夫とのことです。

【効能 効果】
・かぜの諸症状(鼻水、鼻づまり、くしゃみ、のどの痛み、せき、たん、悪寒、発熱、頭痛、関節の痛み、筋肉の痛み)の緩和

【用法 用量】
・1日3回食後、場合によっては就寝前に服用してください。また、止むを得ない場合は約4時間の間隔をおいて、1日6回まで服用することが出来ます。
(年齢・・・1回量)
3歳以上7歳未満・・・10mL
1歳以上3歳未満・・・7.5mL
6ヶ月以上1歳未満・・・6mL
3ヶ月以上6ヶ月未満・・・5mL
3ヶ月未満・・・服用しないで下さい。
・2歳未満の乳幼児には、医師の診療を受けさせることを優先し、止むを得ない場合にのみ服用させてください。

 

私の娘には、1週間、飲みきるまで服用させました。
 

これに、薬6mLを入れて飲ませました。

子供に薬を飲ませるのに使ったマグマグ
 

娘は、嫌がることもなく、ちょっと躊躇しながらも飲んでくれました。

また、嫌がる時は無理に飲ませず、薬をいれたままコップをその辺に置いておくと・・・
喉が渇いたタイミングで飲んでくれました!笑

 
 

娘の症状の経過

3日目には熱が引き、鼻水(あおっぱな)だけが残りました。

熱が引いた後も、鼻水がひどかったので一週間ほどは薬を服用させていました。

そのうち、鼻水も出なくなり、なんとか完治しました!

症状 対処
1日目(昼) ほっぺが赤い、いつもよりぐずって眠そう 特になし
1日目(夜) 熱39.9℃ 水分補給(お茶)、カコナール服用
2日目(昼) 熱37℃台 水分補給(お茶)、カコナール服用
2日目(夜) 熱38℃台 水分補給(お茶)、カコナール服用
3日目 体温36℃台で安定 水分補給(お茶)、カコナール服用
3日目以降5日間程 鼻水(あおっぱな) 水分補給(お茶)、カコナール服用

 

夜寝ている間中、小さめのガーゼを濡らしたものをおでこに当ててあげました。

これがなかなか大変でした・・・汗
 

あおっぱなは、体が風邪菌と戦っている時に出るようなので、もし熱がなくても出ている場合は病院に連れて行ってあげるか、前例のある薬を服用させてあげるかした方がいいかもしれませんね。
 

発熱中のお風呂はというと、私の場合、39℃でお湯を溜めて、普通に入れていました。

今後のために、今度予防接種で病院に行ったタイミングでお医者さんに聞いてみようと思います。
 
 

[nlink url=”http://mama-news.top/taiken-01/”]  

記事中に紹介したコップについてはこちらに詳しく書いています! >>
[nlink url=”http://mama-news.top/magumagu/”]  

(END)


#
にほんブログ村のブログランキングに参加しています。
下のボタンをポチッとしてもらえると1票投票されたことになります。
この記事にいいね!する
下矢印下矢印下矢印
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
応援していただけるととってもモチベーション上がりますお願い

スポンサーリンク