スポンサーリンク

【育児本】至極の一冊!私はこれを読んで「我が親の子」としても「我が子の親」としても、これからに前向きになれました。

育児の記録

みなさまお久しぶりでございます。

ここ数日、育児痛に沈んでおりました。

が、やっと浮いて戻ってくることができました滝汗 

娘ちゃんも3歳を過ぎ、過去最大の撃沈ぶりでございました滝汗 た、ただいま・・・

 

浮いて戻ってこれるきっかけとなったのが、こちらの本です。

#

たったの552円。

私は書店で購入しました。

 

これまでにたくさんの「育児本」を読んできました。

でも、ここにその全てがぎゅっと詰まっておりましたポーン

Oh!!!

 

遠回りはしましたが、結果オーライです(笑)

これからはこちらの本を定期的に読んで子供への怒りも自己完結、自己消化できるようバッシバシ頼っていこうと思いますグラサンハート

 

 

最近思うのは、皆さんは育児に思い悩んだときどのように消化されているのでしょうか。

私の場合は「本」なのですが。

 

今回沈んでしまったときは、2日間連続で朝の4時まで小説にかじりついておりましたゲッソリ

そして、パソコンのテキストに、頭に浮かんだ字面をただひたすら撃ちまくる。

恐ろしいほど内向的ですよね(笑)

おかげで、悩む暇も無いほど、死ぬほど眠くて辛い2日間でした(笑)

 

でも、これでリセット完了です。

テキストを後で読み返したら「病んでるね」としか言いようの無い、まっくろけっけな文面でございます(笑)黒猫

 

今回は恩田陸さんの「三月は深き紅の淵を」と「麦の海に沈む果実」にお世話になりました笑い泣きありがとう、恩田さん・・・

鳥肌が立つほどのミステリーでイライラがぶっ飛びました(笑)

 

さてさて、

肝心な、本「子どもの心のコーチング」の内容を少しご紹介させていただきます。

 

「子どもの心の」といいつつ「親の心」もコーチングしてくれます

「こうしなさい」「ああしなさい」という文面にはなっておりません。

そして、「母親」「父親」ではなく「親」と私たちのことを表記してくれています。

なので、夫婦で共有したい至極の一冊です。

子供との関係をどうこうしたいという前に、親自身、私たち自身の心も救ってあげなければ次へは進めないんですね。

そんなことに気がつかせてくれる内容になっています。

 

「我が子と自分」だけでなく「我が親と自分」についてもズームイン!

育児本って「我が子と自分」にどうしても強く焦点を当てがちですが、実は「我が親と自分」の問題が強く関係しているようですね。

そんな視点でもいろいろとものの見方や考え方を教えてくれる一冊になっています。

ありがたい。

 

どきっとするほど、具体的な表現で気がつかせてくれる

「あなたのため」「ダメ」「やめなさい」「いい加減にしなさい」「しょうがない子ね」「どうしたの?」「何かあったの?」

子供との日常会話でさりげなく使ってしまっている言葉、親から投げかけられていた言葉。

具体的な表現が沢山示されるので、「体験」に近い陳情感と緊張感を持って最後まで読むことができる一冊になっております。

具体的なインプットができるので、具体的なアウトプットもできます。

本を読み終わったら、いいえ、読みながら即実行です!!!

 

働くお母さんにも読んでほしい

私は自宅でライターという仕事をしております。

「働いている」とは言いがたいところがあります。

職場に出向き、お子さんと離れて日中お仕事をされているお母さん。

そんなあなたにもぜひ手に取っていただきたい一冊です。

 

「ヘルプ」と「サポート」の違いってなに?

ここがこの本の肝だと私は思っています。

この二つの違いについては、ぜひぜひ本の中で知っていただければと思います。

この二つには天と地ほどの差がありました。

この本を読んでいると、過去は変えられなくても過去との向き合い方は変えられるんだと前向きになれましたニコニコ

 

私は書店で購入しましたが、お時間の無い方はネットでどうぞ。

楽天ブックスは送料無料なのがいいですねニコニコ

 

 

そして、このBGMが癒してくれました〜星

このBGMを2巡する頃にはこの本も読み終わっていると思いますニコニコ

 

 

さてさて。

私は定期的に沈むことがあるのですが。

オススメの本がありましたら、教えていただけると喜びますぽってりフラワー

 

#


#
にほんブログ村のブログランキングに参加しています。
下のボタンをポチッとしてもらえると1票投票されたことになります。
この記事にいいね!する
下矢印下矢印下矢印
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
応援していただけるととってもモチベーション上がりますお願い

スポンサーリンク

育児の記録

Posted by こぐま